予防接種・ワクチンについて

混合ワクチン

動物が感染症にかかると、体内で免疫が生まれますが、ワクチン接種はこの働きを利用した感染症の予防方法で、病原体を無毒化したもの、あるいは毒性を弱めた病原体を注入することで抗体を作り、病気の発生を防いだり、発症した場合でも軽症で済むようにしたりします。

熊本市東区のどうそペットクリニックでは、ワンちゃんの混合ワクチンとして6種・8種・10種、ネコちゃんの混合ワクチンとして3種・5種を取り扱っております。

ワンちゃんの混合ワクチン
■6種混合ワクチンで予防できる感染症
・犬ジステンパー
・犬アデノウイルス(犬伝染性肝炎)
・犬アデノウイルス(2型感染症)
・犬パラインフルエンザウイルス
・犬パルボウイルス
・犬コロナウイルス
■8種混合ワクチンで予防できる感染症
・6種混合ワクチンで予防できる感染症
・犬レプトスピラ(カニコーラ型)
・犬レプトスピラ(イクテロヘモラジー型)
■10種混合ワクチンで予防できる感染症
・8種混合ワクチンで予防できる感染症
・犬レプトスピラ(グリッポチフォーサ型)
・犬レプトスピラ(ポモナ型)
ネコちゃんの混合ワクチン
■3種混合ワクチンで予防できる感染症
・猫ウイルス性鼻気管炎
・猫カリシウイルス感染症(猫風邪)
・猫汎白血球減少症
■5種混合ワクチンで予防できる感染症
・3種混合ワクチンで予防できる感染症
・猫白血病ウイルス感染症
・猫クラミジア感染症

狂犬病予防

年1回接種が義務づけられています

狂犬病は犬だけでなく、ほぼすべての哺乳類が感染する病気で、飼い主様にも感染・発症する恐れがあります。
生後91日を過ぎた犬は年1回、必ず狂犬病の予防接種を受けることが義務づけられています。
大切な家族を守るためにも、飼い主様ご自身を守るためにも、必ず受けるようにしましょう。

フィラリア予防

フィラリア症は命に関わる病気です

フィラリア症とは蚊を介して感染する寄生虫疾患で、かかると心臓が悪くなって命に関わる恐れがあります。
フィラリアに感染すると息切れ、咳、嘔吐、食欲不振などの症状が現れ、突然命を落としてしまうこともありますが、きちんと予防すれば防げる病気ですので、一緒に暮らすワンちゃん・ネコちゃんを守るためにも、きちんと予防接種を受けるようにしましょう。

当クリニックではワンちゃん・ネコちゃんの性格やライフスタイルなどに合わせて、おやつタイプ、注射タイプ、スポットタイプなどの各種タイプの予防薬をご用意しています。

ノミ・マダニ予防

共に快適に暮らすためにもきちんと予防

ノミ・マダニはワンちゃん・ネコちゃんだけでなく、飼い主様にも被害をおよぼすものです。
共に快適に暮らし続けるためにも、きちんと予防するようにしましょう。
ノミ・マダニは皮膚病の原因となるほか、近年では重症熱性血小板減少症候群(SFTS)の原因となることが注目されています。
SFTSとはマダニを介して起こる感染症で、飼い主様にも感染リスクがあり、発症すると嘔吐、下痢、腹痛などの症状が現れ、国内で死亡例も出ています。

ノミ・マダニ予防はこうした恐ろしい病気予防のためにも大切ですので、忘れずにきちんと予防するようにしましょう。
予防薬として飲みやすいチュアブルタイプやスポットタイプなど、各種タイプをご用意しておりますので、飼い主様とご相談のうえ、最適なものを処方いたします。

096-285-5755WEB予約