わんちゃんが骨折したら?

動物の中でも犬は骨折しやすい動物です。

骨折の症状と原因は、私たち人間と同じで高い所から落ちたり、強く体をぶつけてしまう事(交通事故など)で骨は折れてしまいます。また、飼い主さんなどが、わんちゃんを抱きかかえている最中に誤って落ちてしまい骨折してしまう事も少なくありません。

骨折しやすい犬種として挙げられるのがポメラニアンやチワワ、トイプードルなどの小型犬で、落下する際に前足もしくは後ろ足を先に地面に着地させる特性上、足の骨折が最も多いと言われております。

犬の骨折は元来、骨が細い犬種がなりやすく、先天的に骨が細い犬は、足だけでなく、尻尾も骨折しないように気を付けてあげてください。

足を骨折した場合には、いつもと歩き方に違和感があったり、痛がる素振りを見せるので比較的、気が付きやすいですが、尻尾が骨折している場合は、気が付きにくいので普段の過ごし方を常に観察しておくのもポイントです。

そして、高い所から落下したなど原因がわかる場合以外でも、少し普段と様子が違うように感じた際には飼い主が応急処置をしてあげるのが重症化を防ぐためにも大事です。

応急処置の方法

骨折の応急処置の方法は患部によって異なり、足が患部であるのなら硬めのボール紙や割り箸を用いて添え木にしつつ、ハンカチなどを使用して巻いて固定させましょう。ハンカチだけでも添え木を固定させる事は可能で、更にしっかりと固定させるには包帯も合わせて用いると良いです。

巻く際の注意事項として、あまり強く巻くと血液が行き届かず、逆効果です。血液の流れが止まらないように少し余裕を持たせ巻いてあげましょう。

骨折の応急処置の方法が一通り完了したらできるだけ愛犬を動かさないようにしつつ、速やかに動物病院に行き、獣医師に診察や治療をしてもらいましょう。

同様に骨折をしていても患部が足ではなく骨盤もしくは助骨などである場合には、影響が骨だけに留まらず内臓にまで及んでいる事も珍しくないため、しっかりとした硬さがある板の上に横にさせて動かさないように十分に気を配りながら迅速に動物病院に行ってください。

 

動物病院では、最初にレントゲン撮影を行い、診察に入ります。まず、飼い主さんに骨折した時の状況や普段の過ごし方、持病や年齢など幅広くお聞きします。
治療後の包帯の巻き方や固定の方法など、骨折の内容によって様々な種類がある為、自宅で飼い主さんが出来るようにお教えします。

治療において、手術を行わず固定するだけの軽傷の場合でも、ペットの性格や普段の過ごし方などで、好奇心旺盛な性格や日頃から活発に動き回る性格の犬には、手術をして骨を繋ぎ止める事で動いても患部がずれない様にする治療方法もあります。まずは、獣医師にご相談ください。

熊本市の動物病院|どうそペットクリニック

■住所
〒861-8039 熊本県熊本市東区長嶺南4丁目10-1
■TEL
096-285-5755
■アクセス
熊本ICから車で10分
「福祉センターグラウンド前」バス停下車から徒歩1分
■サイト
【公式ホームページ】
https://douso-petclinic.com/

その他のコラム

ペットの手術について(費用編)

ペットの病気や手術にかかる医療費について ペット飼う事は、私たち家族の一員となり、またたくさんの癒しを与えてくれます。 ただ、人間と同様に年齢を重ねると病気やケガなどいつまでも健康である保証はありません。 ずっと健康であれば非常に嬉しいことですが、「いつもより元気がない気がする」「ご飯を食べないな・・・」「最近足を引きづってるような・・・」など日常の中で普段と違う様子を見る事があります。 それは、ペット...

犬がかかりやすい
皮膚病の種類

痒み、ぶつぶつ、できもの、脱毛…犬がかかりやすい皮膚病の種類を解説いたします。 動物病院で相談される方が多いもののひとつに犬の皮膚病があります。 痒みやぶつぶつ、できもの、赤み、脱毛、フケなど、犬の皮膚トラブルは非常に幅広く、時には重大な病気が隠れていることも。 今回は、特に相談が多い犬の皮膚トラブルについてご紹介します。 1⃣膿皮症(のうひしょう):皮膚の赤み、湿疹、膿疱、フケ、...

健康診断で客観的にペットのことを知っておく

一般的に、動物は人間の4倍の速度で年を重ねると言われています。つまり、その分「衰え」や思わぬ病気に罹ってしまう可能性も高いということです。 近年、人間同様に「予防」を重視されつつある動物医療ですが、なかなか定期的な健康診断を受けられていない人がいるのが現状です。 今回は、そんな方にこそ受けていただきたい「ペットの健康診断」について解説します。 なぜ健康診断が必要なのか   ...

猫が妊娠!
出産までにやるべきこと

猫が妊娠!出産までにやるべきことや出産時に注意することは? 「おうちの猫ちゃんが妊娠した」「妊娠中の野良猫を保護した」。出産を控えた猫と暮らすことになったとき、飼い主はどんなことに気をつけて過ごし、何を準備しておく必要があるのでしょうか。今回は、猫の妊娠から出産までの注意点をご紹介します。 妊娠期間 猫のメスは生後半年〜10カ月ほど、オスは生後3カ月ごろからはじまり、生後9〜12カ月で本格的な発情期を迎えます。その後、メ...

ネコちゃんの慢性腎臓病に要注意!

シニア期のネコちゃんの代表的な病気として、多くあがる「慢性腎臓病」は、15歳以上の70〜80%がかかると言われています。 慢性腎臓病は初期症状等がないことから、腎臓機能の60〜70%に障害が起こるまで発覚することがありません。さらに、原因はわかっておらず、完治の見込みがないことから症状を遅らせながらQOLを向上させることが重要となる病気です。 今回は、ネコちゃんの慢性腎臓病に関して解説します。 慢性腎臓病の原...

096-285-5755WEB予約