ネコちゃんの慢性腎臓病に要注意!

シニア期のネコちゃんの代表的な病気として、多くあがる「慢性腎臓病」は、15歳以上の70〜80%がかかると言われています。

慢性腎臓病は初期症状等がないことから、腎臓機能の60〜70%に障害が起こるまで発覚することがありません。さらに、原因はわかっておらず、完治の見込みがないことから症状を遅らせながらQOLを向上させることが重要となる病気です。

今回は、ネコちゃんの慢性腎臓病に関して解説します。

慢性腎臓病の原因

慢性腎臓病の原因としては、主に次のようなことが挙げられています。

・細菌や猫伝染性腹膜炎等のウイルス

・外傷

・薬物などによる中毒

・心筋症がショックなどの腎流血量の低下

・結石などによる尿路の閉鎖

など

普段の生活では気付かないことも多々あるため、定期的に健診を受けることで客観的に数値等を見ることができます。

慢性腎臓病は「早期発見・早期治療」が重要なのです。

慢性腎臓病の症状

慢性腎臓病になると、老廃物の排泄機能が低下します。本来、腎臓の機能が正常であれば100%の老廃物を排泄できるため、1回の排尿で済むものが何度も出さなければならないのです。

また、水分摂取量よりも排泄量が多くなるため脱水が進行してしまうこと、老廃物が体に溜まりやすくなることから胃腸の粘膜が障害を受け、食欲不振や嘔吐、下痢などの消化器症状が起こります。さらに症状が進行すると、痙攣などの神経症状につながります。

初期症状はわかりにくいですが、口臭が強くなることも特徴の一つなので、「いつもよりも口臭がきついかな?」と思ったら、一度動物病院を受診すると良いでしょう。

慢性腎臓病のステージ

慢性腎臓病には、主に1〜4のステージがあります。それぞれの特徴は次のとおりです。

ステージ1

症状が検査による異常が見られません。ただし、尿検査や腎臓の形状によっては気が付く可能性もあるため、定期的な健康診断では尿検査までしっかりと受けるようにしましょう。

ステージ2

この頃から、水の多飲と多尿が見られるようになります。腎機能が低下してくるため、薄い尿を大量に出さざるを得なくなり、脱水を起こしやすくなるため注意が必要です。

基本的には元気そうで食欲もあるため異常に気付きづらいですが、腎機能は正常の4分の1程度まで低下していることがあります。

ステージ3

ステージ3では、尿毒症の発症が始まります。また、口腔や胃の粘膜が荒れて口内炎や胃炎になるリスクが高まります。さらに、食欲低下や嘔吐などの症状が見られるため、貧血なども起こります。

このステージになると、生命維持に必要な腎機能が残っているため、再生医療などによって進行を遅らせることでQOLの維持や改善を目指す治療を行うことになります。

ステージ4

非常に重篤な状態です。尿毒症が悪化し、積極的な治療なしでは生命維持が困難になってしまっています。

このステージになる前に、できる限りの治療を行うことが必要です。

基本的な治療

慢性腎臓病の治療は、基本的には早期発見・早期治療が大前提です。限りなく早い段階で見つけておくことで、ネコちゃんの病気の進行を抑えることができます。ただし、「完治すること」はありませんので、あくまでも遅らせることだけです。

慢性腎臓病の治療では、「食事療法」「内服薬」「点滴」を組み合わせることが多く、さらに飲水管理をすることで症状を遅らせます。

治療の詳しい内容については、かかりつけ医に聞いていただき、それぞれのネコちゃんにあった治療を行うようにしましょう。

獣医師は、しっかりと検査をおこなった上で最適な治療についての提案をしてくれます。

日頃からできること

慢性腎臓病を早期発見もしくは予防するために、飼い主さんが意識できることには次のようなことがあります。

・尿量や飲水量のチェック

・新鮮なお水をたくさん飲める環境を用意する

・塩分の多いものを控える

・定期的に健康診断を受ける

 

末永く大好きなネコちゃんと一緒に暮らすために、これらのことには気をつけてみて下さい。そして、何か気になることや不安なことがあればすぐに動物病院を受診しましょう。

熊本市の動物病院|どうそペットクリニック

■住所
〒861-8039 熊本県熊本市東区長嶺南4丁目10-1
■TEL
096-285-5755
■アクセス
熊本ICから車で10分
「福祉センターグラウンド前」バス停下車から徒歩1分
■サイト
【公式ホームページ】
https://douso-petclinic.com/

その他のコラム

ワンちゃんのダイエットはどうする?意識や計画はしっかり立てる!

おねだりされたり、一緒に美味しいものを食べたい…という思いから、ついついおやつをあげすぎたりご飯をあげたりしていませんか?ワンちゃんは私たちと違い、少しの体重増加が大きな影響を及ぼします。逆に、体重減少もやりすぎてしまうと体に負担がかかってしまうのです。 今回は、適切なダイエット法や考え方についてお話したいと思います。 犬は肥満になりがち 大前提として、ワンちゃんは肥満になりやすいと言われています。そのため、生活習慣...

ワクチン接種は怖いもの!飼い主さんができることは?

私たちと同じように、ワンちゃんも予防接種は怖い・痛いと感じるものです。予防接種が原因で動物病院がトラウマとなってしまい、健康診断や他の理由で病院に行くことも嫌がってしまっては、ワンちゃんの健康を守ることはできませんよね。 今回は、少しでも楽にワクチン接種を受けてもらうためにできることについてのお話です。 ワンちゃんが予防接種を嫌がる理由 まずは、ワンちゃんがどうして予防接種を嫌がるのか、その理由を知っておきま...

全身麻酔は本当に必要?

ワンちゃんやネコちゃんの手術を行う際、全身麻酔を行うことがあります。 「麻酔が切れたら目が覚めてくれるのか」 「ペットは麻酔に耐えられるのか」 「麻酔によって具合が悪くなるのではないか」 こういった心配を感じられることは当然のことですが、今回はワンちゃんネコちゃんの手術に行う全身麻酔について解説したいと思います。 必要でないならばやらないほうがいい ワンちゃんネコちゃんが全身麻酔によ...

大切な家族を守るための避妊・去勢

去勢・避妊の目的や重要性 ペットを飼うとなると、どうしても直面する問題が「避妊」や「去勢」の問題です。現在、およそ7割のわんちゃん、ネコちゃんが受けているという避妊ですが、どういった目的で行うのでしょうか。 去勢や避妊の大きな目的は、病気の予防です。子宮蓄膿症や乳腺腫瘍、睾丸腫瘍などの様々な病気の発生を抑えられるほか、性ホルモンなどによって病気が悪化する可能性を断つことができるため、できるだけ早い段階で受けることを推奨...

いつから受けるのが理想?子猫のデンタルケア

猫ちゃんのデンタルケアはいつからやればいいの?初めて子猫を飼うという方は、そんな疑問を抱かれるのではないでしょうか? 今回は、子猫のデンタルケアについてのお話です。 子猫は歯磨きが不要?そんなことはありません! 子猫のうちは、歯磨きがいらないと思っていませんか?実は、子猫の時期の歯磨きはとても重要なのです。 歯磨きの習慣づけは、人間と同じこと。小さい頃から毎日頑張るから習慣づいていきます。つまり...

096-285-5755WEB予約