猫が妊娠!
出産までにやるべきこと

猫が妊娠!出産までにやるべきことや出産時に注意することは?

「おうちの猫ちゃんが妊娠した」「妊娠中の野良猫を保護した」。出産を控えた猫と暮らすことになったとき、飼い主はどんなことに気をつけて過ごし、何を準備しておく必要があるのでしょうか。今回は、猫の妊娠から出産までの注意点をご紹介します。

妊娠期間

猫のメスは生後半年〜10カ月ほど、オスは生後3カ月ごろからはじまり、生後9〜12カ月で本格的な発情期を迎えます。その後、メスは2〜4月、6〜8月をピークに発情するようになり、さらにメスのフェロモンに反応したオスが発情して繁殖期を迎えます。猫は妊娠すると、4〜6週でおなかが大きくなります。飼い主さんが妊娠に気がつくのもこのころ。このほか、乳首がピンク色になったり、乳房が膨らんだり、ときに攻撃的になることも。妊娠50日前後を迎えると、胎動を感じることもあります。もし「妊娠したかも」と思ったら、すぐに動物病院を受診してください。超音波検査やエコー、レントゲンなどで、妊娠の状況を確認し、子猫の頭数などを診断します。

出産

妊娠50〜60日となれば、出産は間近です。猫の出産の目安は体温で、肛門から測った体温が平熱38度台のところ、出産直前には37度台まで下がることが多くあります。出産が近づいてきたら、箱の中にタオルやペットシーツを敷き詰め産箱を用意してあげます。箱は段ボール箱で大丈夫です。猫が横になるのに十分な広さを用意してあげましょう

猫が落ち着かなくなり、うるさくなったり、やたらと毛繕いをはじめたりした場合、陣痛がはじまっているかもしれません。産箱に落ち着き、透明な耐水が排出されたらいよいよ赤ちゃんが産まれてくるとき。母猫が産まれた赤ちゃんが包まれる膜を破り、舐めて呼吸を促すので、きちんと産声を上げるかどうかを確認してください。もし鳴かない場合は、人の手の出番。胎膜をやぶって、頭部を下げタオルで優しくさすってあげましょう。

猫の難産はあまりなく、1頭目が産まれた後も5分〜3時間 ほど空けながら次の赤ちゃんを産んでいきます。一度の妊娠で1〜8頭ほど生まれ、ほとんどの場合、複数頭を妊娠しています。3時間以上いきんでも次の赤ちゃんが生まれてこない場合、何らかのトラブルが起きている可能性も。その場合は、獣医師に連絡し、指示を仰ぐようにしましょう。

ヒトと同じように、妊娠・出産は母猫にとっても大きな負担です。妊娠中はもちろん、分娩後も落ち着いて子育てできる静かな環境を用意してください。

妊娠・出産を望まない場合は、避妊・矯正手術を

前述した通り、猫は一度に複数頭の赤ちゃんを産みます。産まれた子猫を責任持って飼育できたり、きちんと里親を探すことができたりする場合は問題ないです。しかし、妊娠・出産を繰り返すうちに、飼い主も把握できないほど数が増え、飼育崩壊の状態に陥ったケースも。これでは、猫も、飼い主も、幸せにはなれません。猫の妊娠・出産を望まない場合は、動物病院を受診し、必ず避妊・強制手術を行ってください。

 

その他のコラム

犬の耳が少し汚い・・・なんだか臭うなぁ
と思ったことはありませんか?

うちのわんちゃん耳が汚れている、なんだか臭うなぁと感じた事はありませんか? 愛犬の耳トラブルは早めに獣医師に相談してください。 こんな症状はありませんか? 〇「飼い犬がよく耳を痒がっている」 〇「耳垢がたくさん出てきて、汚れが酷い」 〇「耳がなんだか臭う」など…。 健康な犬の耳は、プンク色で耳垢もほとんどなく、匂いもありません。 そのためもし愛犬の耳が汚れていたり臭いがしたりなどの症状が現れている...

定期健診に引っかかったら放置は危険!

とある調査によると、数年前と比較すると健康診断を受けさせる飼い主さんが増えています。近年、シニアと言われる年齢のペットは健康診断で病気が見つかるケースが増えており、ワンちゃんは44%、ネコちゃんは47%とほぼ50%に近い数値となっており、平均寿命が14〜15歳と言われている中で、間違いなく健康診断は受けるべきものです。 人間と同じように、ペットも健康診断に引っかかることがあります。今回は、健康診断で引っかかった時に出てく...

先手を打てば後が楽になる!子犬の頃からの健康診断

・初めて子犬を飼うことになった!けれど、健康診断はいつから受けるべき? ・これまでにワンちゃんを育てた経験はあるけれど子犬は初めて など 子犬を受け入れることが初めてな方にとって、健康診断を受けるタイミングがわからないという方は多いのではないでしょうか。 今回は、子犬を初めて飼う方のための健康診断について解説します。 まずは環境に慣らせること 初めて家にきた子犬は、環境の変化に戸惑い...

ワンちゃんのダイエットはどうする?意識や計画はしっかり立てる!

おねだりされたり、一緒に美味しいものを食べたい…という思いから、ついついおやつをあげすぎたりご飯をあげたりしていませんか?ワンちゃんは私たちと違い、少しの体重増加が大きな影響を及ぼします。逆に、体重減少もやりすぎてしまうと体に負担がかかってしまうのです。 今回は、適切なダイエット法や考え方についてお話したいと思います。 犬は肥満になりがち 大前提として、ワンちゃんは肥満になりやすいと言われています。そのため、生活習慣...

全身麻酔は本当に必要?

ワンちゃんやネコちゃんの手術を行う際、全身麻酔を行うことがあります。 「麻酔が切れたら目が覚めてくれるのか」 「ペットは麻酔に耐えられるのか」 「麻酔によって具合が悪くなるのではないか」 こういった心配を感じられることは当然のことですが、今回はワンちゃんネコちゃんの手術に行う全身麻酔について解説したいと思います。 必要でないならばやらないほうがいい ワンちゃんネコちゃんが全身麻酔によ...

096-285-5755WEB予約