定期健診に引っかかったら放置は危険!

とある調査によると、数年前と比較すると健康診断を受けさせる飼い主さんが増えています。近年、シニアと言われる年齢のペットは健康診断で病気が見つかるケースが増えており、ワンちゃんは44%、ネコちゃんは47%とほぼ50%に近い数値となっており、平均寿命が14〜15歳と言われている中で、間違いなく健康診断は受けるべきものです。

人間と同じように、ペットも健康診断に引っかかることがあります。今回は、健康診断で引っかかった時に出てくる病気について解説します。

ポイントは血液検査

ペットに関する異常は、ほとんどが血液検査の数値によって判明します。日々の血液検査や様子の変化によって判断することができるため、こまめに様子観察をしておくことが重要です。

血液検査の結果から判断できる病気には、次のようなものがあります。

免疫介在性腸炎(IBD)

健康診断等で、血液検査に引っかかってしまったことや、頻繁に吐いたり下痢や軟便をしたりしたような症状を繰り返している場合には、IBDの可能性があります。

IBDはワンちゃんの胃腸炎の中の一つで、自己免疫による腸炎です。自分の免疫が腸に対して不適切に反応してしまうことで、通常の胃腸薬のみでは改善されないこともあります。

健康診断で引っかかってしまった場合には、エコー検査や消化管内視鏡によって検査を行うのが有効で、エコー検査であれば麻酔などを行わずに検査することもできるため、ワンちゃんへの負担を減らすことができます。

血液検査で引っかかった場合、特にIBDなどの疑いがある場合にはしっかり獣医師と相談して検査を実施しましょう。

慢性腎臓病・蛋白尿

腎臓は、血液を濾過して不要となった老廃物を尿として排出する役割をもつ、非常に重要な臓器です。年と共に機能は悪くなりがちですが、悪化してからはなかなか治ることがありません。そのため、早期発見・早期治療と日々の予防が重要です。

慢性腎臓病は、腎不全の総称です。「最近よく水を飲む」「尿が薄くなった」などがよくあるサインであり、症状がで始めた時点ではすでに腎臓の機能は半分以上が失われているとも言われています。

無症状でも、健康診断の血液検査や尿検査で腎臓の異常が発見されるケースが多いため、検査結果によってはすぐに医師と共に対処しましょう。

胆嚢粘膜嚢腫・胆石症

胆嚢は、何かとトラブルの多い臓器と言われており、病気によっては急変する可能性もあるところです。この病気はワンちゃんに多いものですが、無症状であれば見た目や仕草から判断することはできません。血液検査や肝臓の数値が高いと指摘を受けた場合はエコーやレントゲンを受けて確認するようにしましょう。

膀胱結石

膀胱の代表的疾患として知られているものです。尿の中にミネラルでできた硬い石が作られることで、血尿や頻尿、排尿痛などのトラブルを引き起こします。最悪の場合は尿閉塞になり、命に関わることもあります。

膀胱結石の原因等を知るためには、尿検査とエコー検査が有効です。原因によって処置方法が違うため、それによって変わります。膀胱炎が思いがけない病気が見つかることもあるため、健康診断では尿検査を受けて、常に理解しておくようにしましょう。

定期的に健康診断を受けましょう!

ワンちゃんネコちゃんの病気は、思わぬことから命に関わる病気になってしまうことがあります。ですが、血液検査や尿検査など健康診断を受けることで把握できることばかりですので、できるだけ毎年受けるようにすることで、ペットの健康を守るよう心がけましょう。

当院では、ワンちゃんネコちゃんに合わせた健康診断を行っています。まずは、お気軽にご相談ください。最適な健康診断をご提案させていただきます。

熊本市の動物病院|どうそペットクリニック

■住所
〒861-8039 熊本県熊本市東区長嶺南4丁目10-1
■TEL
096-285-5755
■アクセス
熊本ICから車で10分
「福祉センターグラウンド前」バス停下車から徒歩1分
■サイト
【公式ホームページ】
https://douso-petclinic.com/

その他のコラム

ワンちゃんの負担が減る!腹腔鏡手術とは?

ワンちゃんの手術法の一つとして注目されている「腹腔鏡手術」をご存じでしょうか? ワンちゃんへの負担を減らすことができる点から注目されている手術法ですが、実際のメリットやデメリットはどういったものなのか、今回は「腹腔鏡手術」について解説します。 腹腔鏡手術とは この手術は、お腹の皮膚の2〜3ヶ所に切開(3〜10ミリ)し、カメラや器具を挿入してテレビモニターに映し出された鮮明な拡大画像を見ながら行う手術の...

去勢・避妊手術後のケア方法を知ろう

ペットと一緒に過ごす上で必要になる去勢や避妊手術。手術そのものについての注意点や気にすることはたくさんありますが、それ以上に手術後に気をつけるべきことも多いと言われています。 今回は、去勢や避妊手術後に気をつけるべきことについて解説します。 手術当日の夜について 手術当日は、夜ご飯はいつもよりも控えめにしましょう。前日から絶食しているため、急にたくさん食べると嘔吐や下痢の原因となるため、注意が必要です...

予防接種でワンちゃんを守る!ワクチンの基礎知識

ワンちゃんを飼うことが決まった場合、必要に応じてワクチンや予防接種を受けさせる必要があります。 なぜ、ワクチンや予防接種が必要なのか、どういった種類があるのか、受けるタイミングはどうすればいいのか?など、今回はワンちゃんのワクチン・予防接種について解説します。 犬のワクチン・予防接種が必要な理由 ペットは、いろいろな感染症にかかるリスクがあります。ワンちゃんについても例外ではなく、モノによっては命に関...

定期健診に引っかかったら放置は危険!

とある調査によると、数年前と比較すると健康診断を受けさせる飼い主さんが増えています。近年、シニアと言われる年齢のペットは健康診断で病気が見つかるケースが増えており、ワンちゃんは44%、ネコちゃんは47%とほぼ50%に近い数値となっており、平均寿命が14〜15歳と言われている中で、間違いなく健康診断は受けるべきものです。 人間と同じように、ペットも健康診断に引っかかることがあります。今回は、健康診断で引っかかった時に出てく...

大切な家族を守るための避妊・去勢

去勢・避妊の目的や重要性 ペットを飼うとなると、どうしても直面する問題が「避妊」や「去勢」の問題です。現在、およそ7割のわんちゃん、ネコちゃんが受けているという避妊ですが、どういった目的で行うのでしょうか。 去勢や避妊の大きな目的は、病気の予防です。子宮蓄膿症や乳腺腫瘍、睾丸腫瘍などの様々な病気の発生を抑えられるほか、性ホルモンなどによって病気が悪化する可能性を断つことができるため、できるだけ早い段階で受けることを推奨...

096-285-5755WEB予約