去勢・避妊手術後のケア方法を知ろう

ペットと一緒に過ごす上で必要になる去勢や避妊手術。手術そのものについての注意点や気にすることはたくさんありますが、それ以上に手術後に気をつけるべきことも多いと言われています。

今回は、去勢や避妊手術後に気をつけるべきことについて解説します。

手術当日の夜について

手術当日は、夜ご飯はいつもよりも控えめにしましょう。前日から絶食しているため、急にたくさん食べると嘔吐や下痢の原因となるため、注意が必要です。また、手術によるストレスや疲れからなかなか食べられない子もいると思いますが、フードに好きなものをトッピングしたり、お湯でふやかす、缶詰を上げるなどして、無理のない範囲で食べてもらうようにしましょう。

なお、手術の麻酔は5〜6時間で切れるため、麻酔が切れてから食事を与えるようにすること、室内での排泄ができない子については、抱っこして外に連れ出してあげるようにして、負担を減らすようにしましょう。散歩もできるだけ控えるようにしてください。

手術翌日から1週間程度

翌日以降は、食事はいつも通りで問題ありません。ただし、食欲が戻らない場合にはウェットフードにするのも良いとされています。また、薬はフードやおやつに混ぜるなどして正しい量を服薬させてあげてください。なお、傷口を舐めないように気をつけること、抜糸までは傷口を濡らさないように心がけるようにしましょう。

また、運動は激しいものを避けて、散歩は走らないようにしましょう。ドッグランはNGです。

抜糸から3日間

抜糸後に傷口が塞がった後も、注意は必要です。患部はできるだけ濡らさず、どうしても綺麗にしなければならない場合は濡れタオルで拭く程度にとどめてください。

また、ペットが傷口を舐めると炎症を起こしたり化膿する可能性があるため、ペットの様子を注意深く観察しておくようにしてください。ちなみに、シャンプー再開のタイミングについては医師にご相談いただくと良いでしょう。

去勢・避妊手術後の注意点

①元気がない場合

手術後、ワンちゃんネコちゃんの元気がなく、ぐったりしていることがあると思います。多くの場合には次のような原因が考えられます。

・手術がストレスで疲れた

・傷口が痛い

・痛みに対して敏感

・エリザベスカラーが嫌だ

など

多くのワンちゃんネコちゃんは3日ほど経つと元気になりますが、3日以上たっても元気がない場合には受診するようにしてください。

②なかなか排泄しない

手術前の絶飲食によって排便のリズムが崩れることがよくあります。手術後、数日排便をしないことは決して珍しくありませんが、リキんだりしゃがんだりすると痛みが走ってうまく排泄できなかったりすることが多いようですが、尿毒症の危険や他のトラブルの可能性もあるため、動物病院に相談しましょう。

 

③ずっと震えている

手術後から、ガタガタと震えていることを心配される飼い主様もおられます。実際にペットが震えている姿をみるととても心配ですよね。

手術後のペットが震えている原因はいろいろなことが考えられますが、例えば「手術が怖かった」「痛みや痺れがある」といった原因が多いようです。手術後からペットの震えが止まらず心配な場合は、様子をみるよりもまずはご連絡いただき、場合によっては受診するようにしましょう。

患者様とご家族に寄り添ったサポートを

去勢・避妊手術はどうしても不安なものです。麻酔を使うこともあるため、その不安はさらに強いものかもしれません。

当院では、ペットだけでなくご家族にもしっかり寄り添って手術前後のサポートを丁寧に行うよう心がけています。

どんなことでも、お気軽にご相談ください。

熊本市の動物病院|どうそペットクリニック

■住所
〒861-8039 熊本県熊本市東区長嶺南4丁目10-1
■TEL
096-285-5755
■アクセス
熊本ICから車で10分
「福祉センターグラウンド前」バス停下車から徒歩1分
■サイト
【公式ホームページ】
https://douso-petclinic.com/

その他のコラム

去勢・避妊手術後のケア方法を知ろう

ペットと一緒に過ごす上で必要になる去勢や避妊手術。手術そのものについての注意点や気にすることはたくさんありますが、それ以上に手術後に気をつけるべきことも多いと言われています。 今回は、去勢や避妊手術後に気をつけるべきことについて解説します。 手術当日の夜について 手術当日は、夜ご飯はいつもよりも控えめにしましょう。前日から絶食しているため、急にたくさん食べると嘔吐や下痢の原因となるため、注意が必要です...

ペットの健康と健康診断の重要性

一般的に、動物は人間の4倍の速度で年を重ねると言われています。つまり、その分「衰え」や思わぬ病気に罹ってしまう可能性も高いということです。 近年、人間同様に「予防」を重視されつつある動物医療ですが、なかなか定期的な健康診断を受けられていない人がいるのが現状です。 今回は、そんな方にこそ受けていただきたい「ペットの健康診断」について解説します。 なぜ健康診断が必要なのか   動物たちは、本能的に痛...

ネコちゃんの慢性腎臓病に要注意!

シニア期のネコちゃんの代表的な病気として、多くあがる「慢性腎臓病」は、15歳以上の70〜80%がかかると言われています。 慢性腎臓病は初期症状等がないことから、腎臓機能の60〜70%に障害が起こるまで発覚することがありません。さらに、原因はわかっておらず、完治の見込みがないことから症状を遅らせながらQOLを向上させることが重要となる病気です。 今回は、ネコちゃんの慢性腎臓病に関して解説します。 慢性腎臓病の原...

先手を打てば後が楽になる!子犬の頃からの健康診断

・初めて子犬を飼うことになった!けれど、健康診断はいつから受けるべき? ・これまでにワンちゃんを育てた経験はあるけれど子犬は初めて など 子犬を受け入れることが初めてな方にとって、健康診断を受けるタイミングがわからないという方は多いのではないでしょうか。 今回は、子犬を初めて飼う方のための健康診断について解説します。 まずは環境に慣らせること 初めて家にきた子犬は、環境の変化に戸惑い...

ワンちゃんは皮膚病になりやすい!トラブル例を知っておこう!

ワンちゃんは体が毛に覆われている分、皮膚はとても繊細です。繊細であるということは、それだけトラブルが多いということであり、犬種によっては治療や完治そのものが難しいケースがあります。 今回は、ワンちゃんの皮膚病で気をつけるべきことやトラブルの例について解説します。 皮膚に関するトラブル例 ワンちゃんの皮膚は、トラブルによってバリア機能が低下して悪化するという悪循環になることがあります。トリミングや日々の生活で異変が見つ...

096-285-5755WEB予約