デンタルケアはペットの幸せ!

長生きの秘訣は、いつまでも健康的に食べること。これは人間でもワンちゃんでも変わりません。どんな世代でもデンタルケアは大切ですが、特にシニア犬のデンタルケアは健康維持のために重要です。

今回は、ワンちゃんのデンタルケア(特に歯周病ケア)について解説します。

シニア犬の約8割は歯周病

歯周病は、老化の一つです。口の中に歯石が溜まり、細菌によって歯肉炎や歯周病になると言われていますが、一度ついた歯石は取れず、日頃の歯磨きだけではどうにもならないため、全身麻酔をかけて歯石除去を行うことが一般的なケアです。

しかし、シニア犬にとっては全身麻酔はハイリスクであるため、日々のケアが重要になります。

歯周病の症状

歯周病になると、「歯肉炎」や「鼻炎」になるワンちゃんが多いと言われています。

  • 歯肉炎

歯肉炎は、歯石や歯周病の代表的な症状と言われています。飼い主さんのチェックとしては、炎症を起こしている歯肉は赤く腫れあがるため、唇をめくった時にそういった状態がわかることがあります。また、歯肉炎になるとヨダレの量が増えることもあります。

こういった症状が見られる場合には、早めに受診するようにしましょう。

  • 鼻炎

犬は口腔と鼻腔を隔てる骨が非常に薄いと言われています。歯周病が進行した場合、歯や根元の骨まで溶けてしまう可能性があります。

鼻炎がひどくなると、口腔と鼻腔を隔てる骨が溶けてしまい、口の中と鼻の中をつなぐトンネルができてしまうことがあり、ヨダレや食べ物のカスが鼻の中に入り込んでしまって、炎症を起こしてしまいます。

歯石の治療法は?

歯石の治療は、超音波スケーラーを使って行います。ただし、ワンちゃんについては全身麻酔を行う必要があるため、前述した通りシニア犬には少しリスクが高いものと思われます。ただし、麻酔をせずに治療を行うことによるリスクも相当なものであるため、医師としっかり相談して治療の方向性を決めると良いでしょう。

日々のケアについて

ワンちゃんのデンタルケアは、日々の積み重ねも重要です。しかし、歯磨きに慣れていないワンちゃんに毎日デンタルケアを行うのは簡単ではありません。

そこで、スモールステップで少しずつ慣れていくような形でケアを行っていくことをオススメします。

  • 歯磨きペーストやデンタルジェルを使う

まず、ワンちゃん好みの味がするペーストやジェルを使って、少しずつ口に触られることに慣れさせましょう。警戒心があるようなら、最初は鼻、口、歯というようにステップを踏んでいくことで、警戒心を解いていくと良いでしょう。

また、一日二日で慣れるようなものでもないため、飼い主さんのお気持ちとしては数週間かかるものとお考えください。ゆったりと時間をかけていくことで、確実に慣れさせましょう。

  • 歯ブラシに慣れさせる

歯を触られることに対しての抵抗感がなくなったら、歯ブラシを用意しましょう。市販のものや飼い主さんが使いやすいものを選び、まずは一本からでも始めていきます。最終的には、歯ブラシそのものが好きになってもらえるようにしていければ良いと思います。

  • 歯と歯茎の間の汚れを落とす

最終段階としては、歯周ポケットの思考や雑菌を掻き出すような磨き方ができると良いでしょう。ワンちゃんがリラックスできるスタイルで、できるだけストレスを感じることのないように進めます。

大切なことは、頑張っているワンちゃんを褒めてあげることです。ワンちゃんにとって飼い主さんとの歯磨きが良い思い出になるようにすることで、やりやすさは大きく変わるでしょう。

人もワンちゃんも同じこと

私たちもワンちゃんも、お口の健康は長生きのための大きなポイントとなります。特に歯周病は全身疾患に影響することもあるため、注意が必要です。

いつまでも健康で過ごしてもらうために、ワンちゃんのデンタルケアを意識してみてください。わからないこと、不安なことはいつでもご連絡いただき、受診していただければと思います。

熊本市の動物病院|どうそペットクリニック

■住所
〒861-8039 熊本県熊本市東区長嶺南4丁目10-1
■TEL
096-285-5755
■アクセス
熊本ICから車で10分
「福祉センターグラウンド前」バス停下車から徒歩1分
■サイト
【公式ホームページ】
https://douso-petclinic.com/

その他のコラム

一度は受けるべき?内分泌的検査とは

日々、犬や猫の体の中では様々なホルモンが分泌されています。これらのホルモンはとても大切なものであり、生命の維持に欠かせません。しかし、こういったホルモンの分泌はバランスが崩れることによって様々な病気を引き起こすことにつながります。今回は、動物の内分泌に関するお話です。 内分泌疾患について 副腎皮質機亢進症 別名、クッシング症候群と呼ばれています。副腎皮質ホルモンの過剰分泌によって起こり、多飲多尿や腹部膨満、毛ヅヤが悪...

健康診断で客観的にペットのことを知っておく

一般的に、動物は人間の4倍の速度で年を重ねると言われています。つまり、その分「衰え」や思わぬ病気に罹ってしまう可能性も高いということです。 近年、人間同様に「予防」を重視されつつある動物医療ですが、なかなか定期的な健康診断を受けられていない人がいるのが現状です。 今回は、そんな方にこそ受けていただきたい「ペットの健康診断」について解説します。 なぜ健康診断が必要なのか   ...

いつまでも健康に暮らそう!ワンちゃんの眼科治療

ワンちゃんが目をショボショボさせていたり、やけにこすっていると感じられることはありませんか? ワンちゃんの眼科疾患は、数多くあります。しかし、自分から異常を訴えることができないことや痛みなどを隠す本能があるため、飼い主さんがいかに早く気付いてあげられるかどうかが重要です。 目は一度失明すると回復することができません。ワンちゃんの健康のためにも、目の病気などを理解しておきましょう。 よくある目の病気 ...

犬がかかりやすい
皮膚病の種類

痒み、ぶつぶつ、できもの、脱毛…犬がかかりやすい皮膚病の種類を解説いたします。 動物病院で相談される方が多いもののひとつに犬の皮膚病があります。 痒みやぶつぶつ、できもの、赤み、脱毛、フケなど、犬の皮膚トラブルは非常に幅広く、時には重大な病気が隠れていることも。 今回は、特に相談が多い犬の皮膚トラブルについてご紹介します。 1⃣膿皮症(のうひしょう):皮膚の赤み、湿疹、膿疱、フケ、脱毛 膿皮...

猫が妊娠!
出産までにやるべきこと

猫が妊娠!出産までにやるべきことや出産時に注意することは? 「おうちの猫ちゃんが妊娠した」「妊娠中の野良猫を保護した」。出産を控えた猫と暮らすことになったとき、飼い主はどんなことに気をつけて過ごし、何を準備しておく必要があるのでしょうか。今回は、猫の妊娠から出産までの注意点をご紹介します。 妊娠期間 猫のメスは生後半年〜10カ月ほど、オスは生後3カ月ごろからはじまり、生後9〜12カ月で本格的な発情期を迎えます。その後、メ...

096-285-5755WEB予約