ワクチン接種は怖いもの!飼い主さんができることは?

私たちと同じように、ワンちゃんも予防接種は怖い・痛いと感じるものです。予防接種が原因で動物病院がトラウマとなってしまい、健康診断や他の理由で病院に行くことも嫌がってしまっては、ワンちゃんの健康を守ることはできませんよね。

今回は、少しでも楽にワクチン接種を受けてもらうためにできることについてのお話です。

ワンちゃんが予防接種を嫌がる理由

まずは、ワンちゃんがどうして予防接種を嫌がるのか、その理由を知っておきましょう。

①痛い・怖い

私たちも同じですが、やはり注射は痛いものです。特に、感覚的に敏感なワンちゃんであれば余計に痛みを感じるでしょうし、怖がりな子であれば痛みだけでなく恐怖感も感じてしまうのではないでしょうか。これまでのワクチン接種で注射を刺した時に泣いた子や逃げ出そうとした子は、すでに痛みや恐怖心を持っているでしょうから、嫌がって当然と言えます。

また、注射をするときの飼い主さんや周囲の雰囲気、態度などが違うことも敏感に感じ取ります。さらに、待合室でみる他の動物や白衣など、思いがけないこともトラウマとして残っている可能性があるのです。

②嫌な記憶として残っている

ワンちゃんにとって、予防接種を受けたことがある病院は「嫌なところ」という認識があります。そのため、そこに近づくだけで怖がってしまったり暴れてしまうこともあります。

また、病院に行くときにキャリーバックなどを使うと、それに入るだけでも嫌がるようになってしまうこともあります。それだけ、ワンちゃんにとっては怖いことだったりするのです。

③飼い主と離れてしまうという思いがある

入院経験がある子の場合、病院に行くというだけで「離れ離れになってしまうのではないか」という寂しさを思い出すことがあるようです。ワンちゃんにとって、飼い主さんはとても大切な存在であり、離れ離れになるだけでとても心細くなるのです。

④ひやっとする

ワクチンは、使う前まで冷蔵庫や冷凍庫で保管されています。そのため、冷たい薬品が体内に入ることに不快感を抱くことがあるようです。冷たい感覚や強い痛みなど、ワンちゃんにとって嫌な感覚を抱くことが多いため、抵抗するのではないかと考えられます。

日頃からの対策が重要

では、こういった「嫌がる理由」をわかった上で立てられる対策はあるのでしょうか。結論からいうと、次のような対策が効果的です。

①病院などを散歩コースにする

自宅近くにかかりつけの病院がある場合、日々の散歩コースに病院を通るよう設定してみるのはとても効果的です。普段から歩き慣れている場所にすることで、ワンちゃんにとってのストレスや負担は少し減ります。病院によっては、慣れることを目的とするために立ち寄りを許可してくれるところもあるようですから、病院に行っておやつを食べる時間を作るのも良いかもしれません。

②拒否しても怒らない

ワンちゃんは恐怖のあまりに拒否反応を示すことがあります。しかし、そこで飼い主さんが怒ってしまうと火に油を注ぐようなものになってしまうため、よくありません。さらに病院嫌いになっても意味がありませんから、飼い主さんも気持ちに余裕を持ってどっしりとワンちゃんの行動を受け入れてあげましょう。

③嫌がる・怖がっていることを事前に伝える

病院には、ワンちゃんが怖がっている、抵抗しているということを事前に伝えておきましょう。それだけでも病院側として対処しやすくなったり全体的にフォローしてくれます。場合によっては診察台に立たせずに注射をしてくれるようなところもありますので、事前に相談してみてはいかがでしょうか。

大切なことはワクチン接種

何よりも大切なのは、定期的にワクチンを受けさせることです。怖がったり嫌がるからと受けさせないことで、思いがけない病気になることもあります。また、義務として受けなければならないこともありますので、「ワクチンはちゃんと受ける」という認識は忘れないようにしましょう。

熊本市の動物病院|どうそペットクリニック

■住所
〒861-8039 熊本県熊本市東区長嶺南4丁目10-1
■TEL
096-285-5755
■アクセス
熊本ICから車で10分
「福祉センターグラウンド前」バス停下車から徒歩1分
■サイト
【公式ホームページ】
https://douso-petclinic.com/

その他のコラム

ワンちゃんの負担が減る!腹腔鏡手術とは?

ワンちゃんの手術法の一つとして注目されている「腹腔鏡手術」をご存じでしょうか? ワンちゃんへの負担を減らすことができる点から注目されている手術法ですが、実際のメリットやデメリットはどういったものなのか、今回は「腹腔鏡手術」について解説します。 腹腔鏡手術とは この手術は、お腹の皮膚の2〜3ヶ所に切開(3〜10ミリ)し、カメラや器具を挿入してテレビモニターに映し出された鮮明な拡大画像を見ながら行う手術の...

いつから受けるのが理想?子猫のデンタルケア

猫ちゃんのデンタルケアはいつからやればいいの?初めて子猫を飼うという方は、そんな疑問を抱かれるのではないでしょうか? 今回は、子猫のデンタルケアについてのお話です。 子猫は歯磨きが不要?そんなことはありません! 子猫のうちは、歯磨きがいらないと思っていませんか?実は、子猫の時期の歯磨きはとても重要なのです。 歯磨きの習慣づけは、人間と同じこと。小さい頃から毎日頑張るから習慣づいていきます。つまり...

口臭の原因は歯周病?

3歳以上のわんちゃんネコちゃんの70%以上が、歯周病になると言われています。「最近、うちの子の口臭が気になるな」と思ったら、一度は歯周病を疑ってみても良いかもしれません。 今回は、わんちゃんネコちゃんの歯周病について解説します。 歯周病とは わんちゃんネコちゃんの歯周病は、私たち人間のものと同じです。わんちゃんやネコちゃんは毎日歯磨きができないため、歯石や歯垢が溜まりやすくなります。その結果として、歯...

ペットの手術について(費用編)

ペットの病気や手術にかかる医療費について ペット飼う事は、私たち家族の一員となり、またたくさんの癒しを与えてくれます。 ただ、人間と同様に年齢を重ねると病気やケガなどいつまでも健康である保証はありません。ずっと健康であれば非常に嬉しいことですが、「いつもより元気がない気がする」「ご飯を食べないな・・・」「最近足を引きづってるような・・・」など日常の中で普段と違う様子を見る事があります。 それは、ペットからのサイン...

定期健診に引っかかったら放置は危険!

とある調査によると、数年前と比較すると健康診断を受けさせる飼い主さんが増えています。近年、シニアと言われる年齢のペットは健康診断で病気が見つかるケースが増えており、ワンちゃんは44%、ネコちゃんは47%とほぼ50%に近い数値となっており、平均寿命が14〜15歳と言われている中で、間違いなく健康診断は受けるべきものです。 人間と同じように、ペットも健康診断に引っかかることがあります。今回は、健康診断で引っかかった時に出てく...

096-285-5755WEB予約